大学病院の使命は医学生の教育、患者の診療、新治療の研究開発だが…

財前教授もビックリの権力闘争

2012年にドラマ化され高視聴率を記録した山崎豊子の「運命の人」ですが、医療関係者にとって山崎豊子といえば、なんといっても1960年代に発表され、何度も映画・テレビドラマ化されてきた名作「白い巨塔」でしょう。

浪速大学の野心に燃える天才外科医・財前五郎と研究一筋の内科医・里見脩二の二人を通じて、患者の命を軽視して権力闘争に明け暮れる大学病院の実情、医局制度が抱えていた問題など、医学界に深く根付いた腐敗を追及した社会派小説の代表とも言える作品です。

近年の医療事情を反映した2003年のドラマ版(財前役は唐沢寿明)は勿論、1966年の映画版(財前役は田宮二郎)あるいは小説版を読んだ大学病院の若手・中堅医師は「なんだ、これってウチの病院そのまんまじゃん!」という声も多く聞かれているようで、現代も変わらない一面があるようです。

例えば、2010年に東京医科大学八王子医療センターで生体肝移植の手術を行った際に多くの死亡例が出たことが明るみになりましたが、第三者委員会による調査結果では、センター長のポストを巡って二人の教授が対立し、肝移植の治療実績が芳しくないことを把握していながら、両教授とも対応を取らずに放置していたことが記載されています。

このような権力争いが行われる理由を理解するためには、そもそも大学病院とはどういう仕組みになっているのかを知っておく必要があります。全国の大学で医学部を有するのは東大、京大、阪大などをはじめ、80あります。そして医学の付属施設として「大学病院」があります。

大学病院は、本院とそれ以外の附属病院があり、例えば東京女子医科大学は、本院のほかに東医療センター、附属青山病院、附属八千代医療センター…etcなどの施設を持っています。こうした施設を合わせると全国には160を超える大学病院があり、そのトップが病院長またはセンター長となるのです。

大学病院には、@医学生の教育(6年)、A患者さんの診療(高度医療を提供する大学病院の本院は、特定機能病院に指定されており、難病患者の診療など行う)、B次世代を担う新治療の開発、という3つの大きな役割があります。

大学病院には、診療科ごとに「医局」と呼ばれる組織、そして教育研究を行う大学医学部には「講座」という組織がそれぞれあります。国内の大学のほとんどは、講座のトップである教授が診療科のトップも兼ね、絶大な権力を握る「医局講座制」という構造になっています。

関連病院の人事権、研究費の割り当てなど、権力が教授に集中する医局講座制

医局講座制は、その頂点に君臨する教授以下、准教授、講師、助教らが続くピラミッド型の権力構造になっています。大学病院は、地域医療を担う医療機関に医師を派遣している「関連病院」を持っていますが、何処に誰を何年派遣するかは全て教授のさじ加減一つで決まるのです。また研究費の使い道なども教授決めることができます。

権力が教授に集中する医局講座制はさまざまな問題を生む温床となりかねないことから、廃止する動きがでてきました。例えば、大学病院の医局トップ(診療科長)は大学医学部教授とは別の医師をあてたり、関連病院兵士を派遣する際には、教授ではなく、地域医療機関等が参加する協議会で決定するなどです。

しかし、新卒医師に2年間の研修を義務付ける「臨床研修制度」が2004年に導入され、自身の希望で研修先の施設を選ぶことが出来るようになったため、医局に属さずに一般病院で研修を受ける医師が増えてきました。ただ依然として大学の権力は大きいものがあります。

難治性のがんや希少疾病など、高度かつ先進的な医療を担うことができるのは大学病院です。患者さんにとっては不毛極まりない権力闘争はほどほどにしてもらい、診療に集中できる環境を整えて欲しいものです。